So-net無料ブログ作成

バックライト交換2 [楽器・音楽]

先日ヤフオクにてAKAIのサンプラーS3000XLを落札しました。
今まで使っていたAKAI S01の代替えです。
状態は外装は殆ど傷無し、機能そのものは完動品ながらも液晶のバックライトがかなり暗くなっているとの事。
この年代のシンセやサンプラーのバックライトって本当に弱いんですよ。まあ、どのメーカーのバックライトも似た様な発光体を使ってるので当然と言えば当然なんだけど・・・。

ちなみに落札金額1,700円。しかも誰と争う事無く一発で落札しちゃいました。
今はPC1台で何でも出来るのでハード音源の人気が殆ど無いのも分かるけど、それにしても全盛の頃は高嶺の花で遠い存在だった物が完動品で1,700円って・・・どうなんだろう?

そんな事で前回のSY99に引続きこちらもバックライト交換をしました。材料もまだ余ってたので。
鍵盤付きの音源と違ってラックマウント音源はフロントパネルのすぐ裏が液晶ユニット。って事で今回は分解手順は省略。
SY99の時に省略したELシートの交換のみの説明です。

まずELシートを必要な大きさにカットします。
ELシートの周りは白と黒の部分があります。これが電極になっているので1カ所は必ず白黒を残す様にカットします。
DSCF0855.jpg

ELシートは熱に弱いので半田付けが出来ません。今回はシートに付属してきた端子を利用します。
リード線を圧着端子に半田付けした物をこの付属端子にペンチで圧着。その後熱圧縮チューブで端子全体を絶縁します。
DSCF0858.jpg

ELシートは高電圧で作動しているので全体を絶縁しないと行けません。今回は100円ショップで売っているラミネートフィルムを使用して絶縁しています。
DSCF0862.jpg

ラミネートフィルムの周りを液晶ユニット内に収まる様にカットします。実際に挿入してみて発光させてみます。この時くれぐれも感電しない様に注意が必要です。
DSCF0863.jpg

後は分解と逆の手順で元に戻すだけです。
SY99と同じ材料を使ったのでこちらも青く光ってます。
DSCF0866.jpg

毎度毎度ですが作業中に事故、故障が起きても当方は一切責任を取りません。作業はあくまで自己責任でお願いします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。