So-net無料ブログ作成

その後の結果

えひめAIが完成して早くも2週間が過ぎました。この間に何箇所かに使用してみたので少々結果報告したいと思います。

1.トイレ&生ゴミの消臭スプレー
2.風呂の残り湯への混ぜ込み
3.水道周りの配管口への流し込み

1の消臭スプレーですが、上澄み液(えひめAIは完成時上澄み液と底に溜まる沈殿物とに分かれ、汚れのひどい物には沈殿物を使うと効果的とされています。)を霧吹きに入れ使っています。
消臭効果はまずまずで本当に不快な臭いが消えます。ただしえひめAI自体が酸っぱいような発酵臭をしているので(きついような感じではなくほんのりとですが)この臭い自体がダメな人には使えないかもしれません。

2の風呂の残り湯への混ぜ込みですが、残り湯に適量を混ぜ1日放置しておくと風呂桶が綺麗になるというのでやってみました。ちなみに混ぜた残り湯でも洗濯は可能だそうです。
結果ですが劇的に汚れが落ちて見るからに真っ白になったって事はありませんでした。しかし風呂掃除をしたお袋曰く長年ゴシゴシしても落ちなかった湯垢が簡単に落ちたんだそうです。結構満足してました。

3の配管口への流し込みはコップ1杯くらいを何日か置きくらいに流しただけです。配管内部が見えないので効果が出ているのか出ていないのか正直解りません。でも以前は大雨の後など悪臭がする時があったんですが、この2週間内の大雨後に悪臭がすることはありませんでした。これがえひめAIのおかげかどうかは・・・不明です。

今のところこの3パターンくらいにしか使ってませんが、他にもネットで調べると頑固な油汚れが1日漬け置きで綺麗になった、車の窓ガラスに使うと油膜が綺麗に落ちる、タイヤに吹き付けるとツヤが出る、洗濯機の洗濯槽に水をためて適量入れて1日ほっといたら洗濯槽内の汚れが落ちて浮いてきた等々色々な使い方を見つけることが出来るので今後も活用していきたいと思います。

最後に文章だけではなかなか効果の程が伝わりにくいと思うので「目に見える結果」としてモデルガンのカートリッジを洗浄前と洗浄後で比較してみました。
モデルガンは火薬で発火させることが出来るので火薬カスですぐにカートリッジが汚れてしまいます。使用する度に洗剤で洗えばいいんですが面倒なのでつい水洗い程度で済ませてしまいます。その結果汚れが蓄積されていってそのうち洗剤を使っても汚れが落ちなくなってしまいます。今回はそんなカートリッジをえひめAIの沈殿物7、上澄み液3の割合の物に1日漬け置きしてみました。

結果はこの通り。
9mm.JPG
左3発が洗浄前、右3発が洗浄後です。見事茶色から金色に変わりました。

とりあえず少しずつではあるけどプラスの結果が出てきているので最低でも材料を使い切る間中は生産を続けていこうと思います。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。